广西南宁市蓝添化工有限公司

Headquarter: Chemical Industry Park, Economic Development Zone,  JiNan City,  ShanDong Province, China.

Phone +86-152 8958 7728

Angela@BlueSkytcca.com

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場(Sodium Dichloroisocyanurate Market)に関する調査は、2023 年のランドスケープを理解するために実施されました。 – NEWSCAST

調査期間: 2023年4月22 日―5月16 日    
調査業者: RNPL 
調査対象: 当社は、あらゆる規模の 545の市場プレーヤーに対して調査を実施しました。  
有効な回答の数: 545
調査方法: 実地調査 226、 インターネット調査319
調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。
報告書URL: https://www.researchnester.jp/reports/sodium-dichloroisocyanurate-market/4880
世界の市場は、2023-2035年の予測期間中に約10%のCAGRで成長し、2035年末までに約320億米ドルの収益を獲得すると推定されています。さらに、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場は 2022 年に約 110 億米ドルの収益を生み出しました。市場の成長は主に水処理業界からの需要の増加によるものです。水因性疾患に対する関心の高まりと、清潔で安全な水の必要性により、スイミングプール、スパ、自治体の水処理施設の消毒剤として SDIC の需要が増加しています。水系感染症は汚染された水の摂取によって引き起こされ、世界中で何百万人もの人々に影響を与えています。世界保健機関 (WHO) によると、20 億人以上の人が安全な飲料水にアクセスできず、毎年 3百万人以上が水関連の病気で死亡しています。
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場の成長を牽引する主な要因は次のとおりです。

• 水処理業界の需要の拡大-SDIC は細菌、ウイルス、真菌を殺す効果があるため、スイミング プール、スパ、自治体の水処理施設で消毒剤として広く使用されています。清潔で安全な水への需要の高まりと、水系疾患に対する懸念の高まりにより、SDIC の需要が増加しています。世界保健機関は、水系感染症により年間約 485,000 人が死亡し、世界中で 20 億人以上が安全な飲料水にアクセスできないと推定しています。
• 飲食業界からの需要の増加
• ヘルスケア業界からの需要の拡大
• 農業産業からの需要の増加
• 研究費の増加

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場に関連する課題は次のとおりです。

• 厳しい規制-SDIC の使用は、人間の健康や環境に悪影響を与える可能性があるため、さまざまな政府機関によって規制されています。このため、メーカーが製品に必要な承認や認証を取得することが困難になる可能性があります。
• 代替製品の入手可能性
• 健康への懸念

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場は、次のセグメントに基づいて分類されます:

• エンドユーザ別
o ヘルスケア
o 食品
o 農業
o 化粧品
o 繊維

エンドユーザ別に基づいて、ヘルスケア分野は 2035 年に最大約 35% の最大のジクロロイソシアヌル酸ナトリウム市場シェアを獲得すると推定されています。この部門の成長は、医療業界にさまざまな症状の治療を必要とする多数の患者が存在するためと考えられます。病院の数も急速に増加しており、これが部門別の成長にプラスの影響を与えると推定されています。

たとえば、2022 年までに米国には約 6,100 の病院が存在すると報告されています。 病院は幅広い医療を提供します。病院の医師と呼ばれる医師は、通常、内科、小児科、または一般診療を専門としています。これらは、一般的な問題を解決するための知識と、より複雑な医療問題を解決するためのリソースを持っています。病院では、神経内科、産婦人科、腫瘍科などの専門診療を提供する場合もあります。

サンプル請求リンク:
https://www.researchnester.jp/sample-request-4880

• アプリケーション別
o 消毒剤
o 殺生物剤
o 工業用消臭剤

アプリケーション別に基づいて、消毒剤セグメントは 2035 年には約 30% 程度の大きなシェアを獲得すると予想されています。このセグメントの成長は、衛生と清潔に対する意識の高まりによるものと考えられます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、衛生と清潔さの重要性に対する意識が高まり、消毒製品の需要が急増しています。この傾向はパンデミックが収束した後も続くと予想されます。近年、インフルエンザ、ノロウイルス、結核などの感染症が増加しています。これにより、医療、食品飲料、接客業などのさまざまな業界で消毒剤の需要が高まっています。技術の進歩により、静電噴霧器、UV-C 光、過酸化水素ベースの消毒剤など、より効果的な新しい消毒剤製品の開発が行われています。

市場の主要プレーヤーは、BASF SE、Occidental Petroleum Corporation、Lonza Group Ltd、Nankai Chemical Co, Ltd、Yufeng Chemical Co, Ltd、Wuhan Haidong Chemical Co., Ltd、Heze Huayi Chemical Co., Ltd、China Petrochemical Corporation、Nippon Soda Co., Ltd、Aditya Birla Chemicals、などです。

市場における最近の動向のいくつかは次のとおりです:

• BASF SE: BASF は、ドイツのルートヴィヒスハーフェン工場で SDIC の生産能力を拡大したと発表しました。 この拡張により、同工場のSDICの年間生産能力は10,000トン増加し、BASFは欧州やその他の地域で増大する水処理化学薬品の需要に対応できるようになります。
• Lonza Group Ltd: Lonza は、新しい消毒剤製品の開発と生産のために Procter & Gamble と提携したことを発表しました。 この製品は、有効成分の 1 つとして SDIC を含むロンザ独自の消毒技術に基づいています。この提携は、SARS-CoV-2 ウイルスやその他の病原体を効果的に死滅させながら、安全で使いやすい製品を開発することを目的としています。

アジア太平洋地域のは、他のすべての地域の市場の中で、2035年末までに最大の約35%の市場シェアを保持すると予測されています。この地域の成長は主に、きれいな水への需要の高まりに起因すると考えられます。アジア太平洋地域は人口密度が高く、多くの地域が水不足に直面しています。これにより、きれいな水への需要が高まり、SDIC などの水処理化学薬品の需要が高まっています。国連によると、アジア太平洋地域の約18億人が水不足の危険にさらされています。SDIC は、アジア太平洋地域のヘルスケア、食品飲料、農業などの業界で広く使用されています。これらの産業の成長により、この地域の SDIC の需要が高まると予想されます。水質の改善ときれいな水へのアクセスを目的とした政府の取り組みにより、アジア太平洋地域における SDIC の需要が高まっています。

北米地域のジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは、他のすべての地域の市場の中で、予測期間中に約 24% の 2 番目に大きなシェアを保持すると予測されています。この地域の市場の成長は主に最終用途産業からの需要の増加に起因すると考えられます。SDIC は、北米地域のヘルスケア、食品飲料、プールなどのさまざまな業界で使用されています。これらの産業の成長により、この地域の SDIC の需要が高まると予想されます。北米では、水質と安全性に関する政府の規制とガイドラインにより、SDIC のような水処理化学薬品の需要が高まっています。技術の進歩により、SDIC を消毒剤として使用する電気塩素処理システムなど、より効果的な新しい消毒製品の開発が行われています。

Research Nester Analytics LLC 目標は、効率的なビジネス ソリューションを提供することにより、クライアントが目標を達成できるよう支援することです。当社の調査アナリストとコンサルタントの多様なネットワークを通じて、クライアントが予算を含むビジネス評価のすべての重要な側面を理解し、世界中で戦略的なビジネス解決策を提供できるように支援します。RNPL は 30 か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の経済への拡大にもさらに注力しています。当社は、クライアントに可能な限り最高のサービスを提供し、ビジネスの範囲を拡大するのを支援することを約束します。
連絡先情報:

お問い合わせフォーム: https://www.researchnester.jp/contact
電話番号: +81 505 050 8480
電子メ: info@researchnester.jp

source

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*